ゼペットオートサービス メンテナンス

VW 2.0T 高圧燃料ポンプ点検

2014-05-11 修理(リペア)

by

VW 2,0ターボのハイプレッシャーフューエルポンプ点検

オイル交換のサイクルが長くなりエンジン内部の金属が磨耗する車輌が増えています。
早急に点検を・・・・

カムフロアー新品とOリング

カムフロアー新品とOリング

外れた高圧ポンプ

外れた高圧ポンプ

エンジン側カムシャフト

エンジン側カムシャフト

この高圧ポンプとカムの状態を点検、写真のように削れいたらカムシャフトの交換が必要になる場合があります。

良いオイルを使用すれば削れや磨耗は避けられる!!

カムフロアー:06D 109309C  T.10100IRIGJ
Oリング:WHT005184  T1200IRIHJBUY2200
プラス工賃 ¥キャンペーン価格(税別)

ポンプ交換が必要な場合
HPポンプ:06F127025K  T.62000IRIHG
ユニオン:06F127213B  T.6100IRIHG
ブリーダーバルブ:06D113400A  ??
上記パーツが必要になります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です